Close

Monthly Archives:3月 2018

モバイル広告主必見、 2018年に注目すべき機械学習の5つのトレンド

ここ数年、特にアドテク業界では機械学習はまさに「フォース・マジュール」、抗えない流れになっています。例えばモバイル広告主にとって、機械学習はこれまでのアドテクの手法を変えつつあります。RTB(リアルタイム入札)やlookalikeターゲティング、ユーザーデータの拡張は、より効果的に費用を抑えたキャンペーン配信を可能にしています。

スクール・オブ・アドテク:モバイルリターゲティングとは何か、なぜ必要なのか

スクール・オブ・アドテクへようこそ。このAppLiftの連載記事ではアドテクの基本を読者の皆さんにわかりやすくご説明します。モバイル広告業界の最近の話題といえば、もっぱらアプリリターゲティングです。今回はモバイルリターゲティングとは何か、そして、なぜ皆さんのアプリにそれが必要なのかを解説していきます。

モバイル広告プラットフォーム「DataLift 360」に イベントベースによるオーディエンスセグメンテーション機能を実装

モバイルアドテクノロジーのリーディングカンパニーであるAppLift(http://www.applift.com/jaは、このたびAppLiftのモバイルアプリ広告プラットフォーム「DataLift 360」に、アプリ内イベントデータを活用し、設定したルールを元にオーディエンスをセグメント化できるオーディエンスセグメンテーション機能を追加しました。DataLift 360を利用する広告主は、無料で利用できる機能です。この機能拡充は、より効率的なリターゲティングキャンペーンの作成とROASの最大化をDtaLift 360で図ることが目的です。

「AppLiftの視点」シリーズ:アドテク業界が待ち望む、ブロックチェーンという名の”ユートピア”

「AppLiftの視点」シリーズにようこそ。このシリーズでは、モバイル関連の様々なトピックに対するAppLiftの主要メンバーの視点をご紹介しています。今回はAppLiftのMDおよびCROであるMaor Sadraが業界注目のバズワード「ブロックチェーン」について考察します。彼は、ブロックチェーンが広告のバイイングや配信のプロセスにおける透明性を強制し、我々の業界にとって長期的にプラスの変化をもたらす可能性があるといっても大げさではない、と言います。彼がそう考える理由は何でしょうか?

X